赤身に見えて実はホルモン!ハラミとは

ハラミとは

赤身に見えて実はホルモン!ハラミとは
ハラミは牛の横隔膜、その中でもアウトサイドスカート(隔膜)の部分を指します。
肺を支える部位で、肺にあたる部分を降ろしたときに一緒についてくる部分なので、一見赤身のお肉に見えますがホルモン扱いとなっています。
ロースなどにくらべるとサシが少なく、赤身です。そのため比較的ローカロリーです。焼肉の中ではヘルシーな部位といえるでしょう。ダイエット中の焼肉にもおすすめです。
食感はやわらかく、またその味は濃厚です。見た目や食感はホルモンというよりも肉に近いものがあります。焼肉で食べるには美味しい部分です。
また美味しいのに値段が安いというのもポイントです。安くて美味しいので、焼肉ファンの間でとても人気があります。
ただしハラミは水分が多い部位ですので、食べ方にはちょっとコツがあります。特に家で焼肉をするときなどは、平たいホットプレートではなく波型に溝が入ったものや、あるいは網で焼くようにするとよいです。こうすることによって、不必要な水分が下に落ちてくれるのです。