レバーの魅力と栄養価

レバーの魅力

レバーの魅力と栄養価
レバーは、栄養たっぷりの部位で内臓の中でも軟らかいのが特徴です。
レバーは肝機能を強化する食品と知られていて、良質なタンパク質が肝臓の細胞を再生します。
鉄分や葉酸やビタミンB12や銅が豊富なため造血効果があり、貧血予防効果があります。
ビタミンAはニンジンの10倍もあると言われています。皮膚や粘膜を健康にし、病気への抵抗力や眼精疲労解消効果があります。
ビタミンB1やB2は脂質の代謝を促進し、ビタミンB6は皮膚病やアレルギー予防効果があります。
レバーはよく火を通して食べないと、食中毒を起こします。
焼肉店などでは人気のホルモンですが、焼くより刺身の方が好まれるようです。特に、女性の方は肌が綺麗になることから好んで食べられます。
これは生食用は一般に出回っていないことと、焼肉店ではしっかりと下処理がされていて安心して食べられるからです。
生臭くて苦手な人はしっかりと焼いて食べましょう。
また、最近では食中毒の問題で焼肉店でも夏場は提供されなくなっています。