第三の胃袋センマイ

第三の胃袋センマイ

第三の胃袋センマイ
人間と違い、牛は第一から第四までの4つの胃があります。
第三の胃袋センマイは、第4胃に入るものの量を調整する役割があり、水と栄養物を吸収できます。
この中にいる微生物が分解した草の成分が牛の大切な栄養源になっています。
焼肉にするなら、山形県産黒毛和牛のホルモンがとても美味しいです。
コリコリとした触感と臭みがないのが特徴です。
写真で見ると、独特のブツブツがある見た目が悪い内臓です。
和牛一頭であまり取れない貴重なセンマイのホルモンです。
食べ方は焼肉にしたり、酢味噌と辛みそで一緒に刺身にしても美味しいです。
そのセンマイを下処理をしてから、焼くことで、歯ごたえが強くなり、もっと美味しく楽しめます。
焼き加減はちょっと焼いて少し硬くなる程度がいいです。
焼きすぎないのがポイントです。
センマイの味はサッパリとしているので、しっかりと味付けされるか、味の濃い焼肉のタレやソース類などで料理に楽しむのがいいです。
分からないことがあったら、プロの焼肉屋に聞くといいです。