怪獣みたい!ギアラは第四の胃袋

ギアラは第四の胃袋

怪獣みたい!ギアラは第四の胃袋
焼肉店で人気のホルモンのギアラは、牛にある4つの胃のうちの4番目の胃を指しています。
「赤センマイ」や「アカセン」と呼ばれています。
センマイに近い部分を「白センマイ」として出すことがあります。
実際には腸のような役割をしていて、偽の腹「偽腹」を(ぎはら)と呼んでいます。
焼肉のギアラは、2種類あり、他の胃部分に比べ赤みが差して美しく、脂がのっているのでとても美味しいです。
赤ギアラは、さっぱりとしていて、皮がコリコリとして、噛めば噛むほど味が出てきます。
白ギアラの方は脂も多く、肉厚で歯ごたえは赤よりもしっかりとしています。
見た目は、ホルモンと似ていて、味も赤より数段上です。
焼き方のコツは、ぷくっと膨らんで弾力が出て、少し焦げ目がつくのがちょうどいいです。
焼肉とトマト煮込みなどの煮物に最適で、下処理は水洗いがいいです。
香味野菜と一緒に煮立てて、アク出しをしっかりとやるといいです。
栄養成分は、三割が脂質で一価不飽和脂肪酸が豊富で、コレステロールが牛レバー並みに多いです。