美味しく焼肉するために~お肉の部位と食べ方について:ザブトン

美味しく焼肉するために~ザブトン

美味しく焼肉するために~お肉の部位と食べ方について:ザブトン
ザブトンとは、肩ロースの芯の部分にあるお肉のことをさします。肩ロースの一部です。別名ハネシタあるいはもみじともいいます。肉の形が座布団に似ていることからザブトンと呼ばれるようになりました。関東では「上ロース」と呼ばれて焼肉店で提供されることも多いです。
ザブトンは肩ロースの中でも、一頭から約3~4kgしかとれない大変貴重な部位です。
肉質はきめが細かく、とにかくやわらかいのが特徴です。肩ロースは赤身肉に分類されます。しかしザブトンはロース肉の中でも、赤身の中に美しく霜降りが入る部位です。なので、和牛の中では一番の霜降りの部分といえます。
風味が非常によいため、食べ方としては素材のうまみを堪能できる焼肉が一番のおすすめとなります。
こうしたお肉は焼きすぎると固くなって、せっかくのやわらかさが台無しになってしまいます。焼肉をする際には軽く炙る程度にとどめておくのがよいです。そうすれば肉本来の食感を楽しむことができるでしょう。