焼肉の話

焼肉とホルモン

大好き!焼肉とホルモンを知ろう!
焼肉は、家庭で家族そろって仲良く食べるのも良いですし、お店で仲間とにぎやかに食べるのにも向いている、便利なメニューです。
豪華な食材やきれいな景色が眺められる立地のお店などもあり、お祝いごとや記念日に食べるものとしても向いています。
そんな焼肉には色々な種類の肉がありますが、その中で珍しい部位でありながら人気があるのがホルモンです。焼肉屋の中には、ホルモンをメインとしてお店を構える所もあるほどです。
タンやレバーなど、一般的にも良く知られる肉以外にも、色々な部位がありますが、しっかりと押さえておきたいのは、そのまま「ホルモン」と名の付いたメニューです。ホルモンは、内臓系として総称でも使われていますが、大腸や小腸などの部位がこの名前でメニューとして用意されています。
白くて美しい姿を焼くと、そのきれいな状態と調和するように良い感じで焼きあとが付いてきて、見た目からして最高です。
脂身の多さも魅力で、口の中でとろける優しくて味わいのある食感が何ともたまりません。

タンの焼き方

今焼肉は多くの人に人気がある料理です。炭火焼やバーベキューなどで楽しむ事ができ、子供から大人まで幅広い世代の方が焼肉を楽しんでいます。焼肉で必ず食べるお肉の種類としてホルモンやタンがあげられます。ホルモンやタンはあらかじめ味がついているものもあれば、焼いてあとから味付けをすることもあります。
ホルモンは塩や味噌など自分が好きな味を楽しむ事ができ、よく焼くことが大切です。
生の場合食中毒を起こしてしまう可能性もあるため十分に焼き、焦げ色がついたくらいで食べるのがもっともよいタイミングと言われています。またタンも生ではなく、よく焼くことが大切です。そうすることで安心して食べることができます。
トングと食べるお箸は別々にすることが基本です。一緒に扱っていると感染症の心配などもあるためとくに妊娠中の人では避けなければいけません。
焼き方一つで安心して食べられるかそうでないかが分かれるため、事前にどのくらい焼けば食べられるかということを把握してから焼肉をおこなうことが大切です。
厚切りタンの有名店:本郷三丁目 焼肉 牡丹苑

食感を楽しめるハツ

コリコリした食感を楽しめるハツ
ハツは焼肉では心臓のことをさします。
ハツはホルモンといわれる内臓肉の一種です。
弾力性があり、筋繊維由来のコリコリとした独特の食感と、さっぱりとしていながらそれでいて旨みが味わえます。ホルモンの中でも味にクセがないので食べやすい部位です。
また脂肪が少なく、非常にヘルシーな部位ですのでダイエット中の焼肉にはもってこいです。鉄分が多いのも魅力的です。
食べ方としては焼肉のほか、新鮮なものは刺身にしても美味です。
ハツは冷凍してしまうと、解凍時にドリップや臭みが出てきてしまい、大きく風味が損なわれてしまいます。
なので美味しく食べるには、冷凍物ではなく生のものを選んで食べることが重要になります。
焼き方は他の肉と同じで、片面をじっくり焼いてからひっくり返し、裏面はさっと焼くようにすると旨みが逃げません。ハツの場合は、ふちに焼き色がついてきたときにひっくりかえすようにするとよいタイミングで裏返すことができます。


第一の胃袋、ミノ

噛みごたえが魅力!第一の胃袋、ミノ
焼肉と言えば、女性男性問わず大好きな方が多いメニューで、見た目の華やかさ、エネルギッシュな味などが魅力です。音、においにも魅力で、テンションが上がる要素をいくつも持った食べ物でもあります。
そんな焼肉ですが、カルビやロースなど、万人が好む物がある一方、コアなファンがいるホルモン系の存在が見逃せません。
肝臓、心臓、大腸など、実に多くの部位がありますが、忘れてはいけないのが胃です。
第一胃である「ミノ」は、ホルモンの中の人気メニューの一つです。肉厚で真っ白なその姿は、美しいの一言。赤々とした肉やサシの入った美しい肉も良いものですが、色や味の濃いものが続く中でこういったさわやかな印象のお肉があると、全体のバランスを良いものにしてくれます。
ミノは、歯ごたえのある食感も魅力で、ゆっくりとお肉を味わうことができます。タレで味わうことが多い焼肉の中で、タンやミノを塩でいただくことで、さっぱりとした新鮮さを感じることができ、気持ちが良いです。